社会貢献活動


社会貢献活動

社会貢献活動

北海道はまなす食品(株)は、障がい者の雇用促進と知的障害者の職業自立の支援のため北海道が呼びかけ、コープさっぽろをはじめ、北広島市、札幌市などの近隣地方自治体や道内の主要企業、金融機関が出資して設立された第3セクター方式の株式会社です。
障害者と共に働く「企業部門」と、知的障害者の職業自立を支援する「能力開発センター部門」が併設された、道内では唯一の企業であり、「障がい者就労支援企業」として、北海道の認証を得ています。

併設している能力開発センターでは、知的障害者のためのOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を主体とした実践的な職業訓練を行っており、ここでの訓練は、北海道立札幌高等技術専門学院からの委託訓練(障がい者特別委託訓練)として行われ、修了時には同学院から修了証書が交付されます。
これまでセンターでは21期に渡り170名の訓練修了生を輩出していますが、修了生はコープさっぽろをはじめ多くの企業に一般就労しており、修了時の就労内定率は累計で96.5%となっています。
能力開発センターの概要
訓練学科
食品加工科(包装食品製造コース)
対象者
知的障害を持つおおむね25歳以下までの方で次の条件を満たす方
◎療育手帳(申請中を含む)を所持していること
◎身辺処理能力が確立しており、自立通所できること
◎受講について保護者の理解と協力が得られること
訓練期間
1年(1400時間)
訓練内容
◎就業に必要な職業人としての基礎学力、社会性、道徳性
◎安全衛生の知識、基本実技
◎食品加工の基本と応用実技等
訓練定員
10名
費  用
入学金・授業料は無料です
(別に昼食代、保護者会費、教材費など、月約15,000円ほど必要です)
その他
一定の要件を満たしている方には職業訓練手当が支給されます。
見学・体験学習、随時お受けしております。ご相談下さい。

PAGE TOP