代表者メッセージ


代表取締役社長 永田 吉則
北海道はまなす食品株式会社
代表取締役社長 永田 吉則
はまなす食品は、障がい者の雇用と職業訓練を行う新しい組織を作るという北海道庁の方針に、コープさっぽろをはじめ、関係市、金融機関などが協力して、平成5年に設立。平成7年から操業を開始しました。
また、平成17年には障がい者雇用促進法に基づくコープさっぽろの特例子会社になりました。

当社には工場と能力開発センターがあります。工場では納豆生産と包装事業を行っています。
納豆は原料の仕入れから生産・出荷までを一貫して行っており、はまなすブランドや、コープさっぽろブランドのほか首都圏高級スーパー向け商品 を生産しています。包装事業は珍味や豆菓子、雑穀、切干大根、ドライフルーツなどを食品企業や生産者との連携により生産しており、当社で袋詰めした商品はコープさっぽろの各店舗やトドックなどで販売しています。
工場では多くの障がい者が生き生きと働いています。
能力開発センターは知的障がい者の方々の職業訓練を行うための施設です。
訓練を終えた方々は当社やコープさっぽろをはじめ道内の様々な企業で活躍しています。

当社は平成25年8月にコープさっぽろ石狩工場の納豆部門を統合し、大きく発展することになりました。
その後、食品衛生優良企業知事表彰を受けるとともに、12月には北海道認証の障がい者就労支援企業にもなりました。 26年12月には納豆製造企業としては初めて北海道HACCPの認証を受け、28年6月には「北海道の優良企業」(東京商工エリサーチ)にも2年連続で選定されました。
今後とも美味しく、安心・安全な商品をお客様にお届けするとともに、障がい者の方々の自立をサポートするという社会的使命をしっかり果たしてまいりたいと考えています。 是非、当社製品をお買い上げいただくなど、皆さんの心からのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

PAGE TOP